PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつもと同じ日常を

日曜日は用事があって京都大学に行ってました。

以下はひとりごとと、ブログ拍手にいただいたコメントのお返事です。


日曜で人もまばらな大学構内を歩いていると、黙って肩を並べて歩く中年の女性と若い男性の二人連れを何組か見かけます。
へんな組み合わせ、と最初は思ったんですが、すぐに謎は解けました。
先日合格発表があったようで、掲示板に番号がはり出してあったんです。
二人連れはたぶん母と子で、息子の合格をこの目で確かめにきたんでしょう。
彼らは誰もいない掲示板の前で、ひとことふたこと言葉を交わして静かに写真を撮って、また静かに去っていきました。

今日の京都は青空が広がるぽかぽか陽気で、その中で静かに写真を撮る母と子に「ああ平和だなあ」と、心の底から実感しました。

なにげない日常の風景が嬉しくて愛しくて、非日常の状態にある人たちに申し訳ない気持ちもあって、溢れそうになる涙が収まるまで、親子が去ったあとの掲示板をずっと眺めていました。

合格発表


日頃仲良くさせていただいてるオンライン作家様のところに、被災した読者さまから「いつもと違う辛い現実の中で、いつもと同じものがそこに有ったのがとても嬉しい」という内容のコメントが届いたのだそうです。
その日、泣きながらPCに向かっていると言っていた彼女は、「いつもと同じ日常」を届けるために、その後も毎日更新を続けています。
私はといえば、土曜日は休みだったにもかかわらず、地震のニュースに動揺して一行たりとも書けませんでした。
更新頻度の違いは、こういった気力や集中力の差もあるんだろうなと思いつつ、せめて私にできる「日常」をお届けしたい、と思ってブログを書いています。

ほんとうに大変な状況にある方は、ここを読む余裕はないでしょうが、それ以外にも、関東地域の方々は停電や列車の運行本数の減少などで大変な思いをされていると思います。
私でもなにか力になれることがあれば・・・



コメントくださいましたぷい様

こんにちは。
地震、こっちでも揺れを感じたんですよ。けっこう長い時間揺れてたので怖かったです。
揺れの規模から、愛知あたりが震源地なのかなって思ってたんですが、あそこまで遠いとは驚きでした。
100歳を越える私の祖母がずいぶん前に、「関東大震災のときはこっちでもけっこう揺れた」と話していたんですよ。
そのときは「えー、東京の地震で京都が揺れたの?」なんて半信半疑だったんですが、今なら祖母の言葉は信じられます。
もっとも、地震のとき外にいた夫や子どもは「揺れたなんて全然知らん」って言ってましたけど。

仲良くしてる作家仲間さんもひとり、あちらのほうの方がいらっしゃって、避難所にいるらしいんですよ。
早く日常を取りもどせるといいのですが・・・簡単じゃないでしょうね。
支援が必要なのは今だけじゃないと思うので、じっくり焦らず、自分の出来ることを考えたいと思ってます。

私自身も早く日常を取りもどして、更新できるように頑張りますね。
コメント、ありがとうございました。

| ひとりごと | 02:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。